30歳を前に考えたアパレルでのキャリア形成

  • RECRUIT

  • 30歳を前に考えたアパレルでのキャリア形成

SCROLL

中途入社でも当社ではあまり多くない”アパレル経験者” 何を求めてTOKYOBASEに入社し、どのように活躍しているのか。 アパレル転職を経て現在店長を務める高草木にインタビューしました。

アパレルは続けたいけどキャリアが見えない

これが私が転職を考えたきっかけです。前職もアパレルでしたが、「自分が30歳を迎えた時にこの会社で何をしているんだろう?」と考えた時にキャリアの頭打ちを感じてしまい、転職を決めました。

そんな中、自分の頑張り次第でキャリアアップが可能であるTOKYOBASEの評価制度「結果主義」に魅力を感じ入社を決めました。

世界一愛されるお店に

正社員昇格後、入社から約1年で店長に昇格しました。
店長になって感じるやりがいは、スタッフの成長を実感した時と、自分やスタッフを求めてお店に来てくださるお客様の存在です。

「世界一愛されるお店」をテーマに、店舗作りやスタッフの育成をしています。その愛され指数が売上として、目に見える結果に出た時にやりがいを感じます。

新天地 名古屋

STUDIOUS WOMENS渋谷で店長を経験し、各スタッフやお店にファンを作ることができ、結果として成功させることができました。

ステップアップとして先月より名古屋店の店長をまかせて頂きましたが、やはり「今までのやり方」では通用しない事に難しさを感じます。

しかし、トライアンドエラーを繰り返す過程で自己成長を実感出来、やりがいに繋がっています。名古屋という自分にとって新しい場所でも、また愛されるお店を作っていきます。

ポジティブな影響を与える人に

今後の目標として、「いつまでに、この役職に」という目標は敢えて設定していないのですが、「かっこいいおばあちゃんになりたい」という人生の目標があります。

そのためにも、「ポジティブな影響を与える人」になりたいと思っています。PDCAを回して自己成長をし続ける事、そしてそこから生まれる良い影響の輪をお店やスタッフ、お客様にも広げていきたいです。

OTHER ARTICLES

Contact Us

当社はサービス・品質の向上の為、
皆様からのご意見を積極的に
受け付けさせて頂いております。
ご質問・ご意見・ご要望等ございましたら
こちらよりお問い合わせください。