”直感的感覚にふれる”ブランドに ディレクター

  • RECRUIT

  • ”直感的感覚にふれる”ブランドに ディレクター

SCROLL

Mao Nakamura

Mao Nakamura
INella ディレクター 中村真緒 2018年STUDIOUSの商品企画として中途入社。2020年には新たに始動したINellaのディレクターに就任する。

”INella”に込めた想い

STUDIOUSの企画職を経験し、現在はINellaというECサイトをプラットフォームとしたブランドのディレクターを務めています。INellaは2020年夏に始まりました。

「直感的感覚にふれる」ことを大切にし、自然体でFASHIONを楽しむ現代女性に寄り添うブランドです。

お洋服を選ぶときに「可愛い!」と、ビビっとくる感覚を大切にしたり、新しいものと出会うわくわく感を楽しみたいのが女心だと思います。その直感的な衝動を揺さぶるキャッチーなアイテムや、着てテンションが上がるような遊び心のあるお洋服を多くの女性に着てほしいという想いから、このようなコンセプトにしました。

デザイナーからディレクターへ

デザイナーとディレクターの目的は同じで「お客様に感動していただく手助け」だと思っています。今まではデザイナーとして技術的に綺麗な洋服を作れるよう、プロダクトデザインに注力していました。ディレクターとなった今ではブランドコンセプトを決めるところから、商品製作、販促、撮影など幅広く携わることで以前よりも仕事の奥行が広がりました。

常に意識していることは、ブランドを客観的に様々な角度で捉えることです。その為には仕事も大事ですがそれ以前に日常を大切に過ごし、適度に息抜きをすることで自分自身に余裕・余白を持つように心掛けています。そうする事によって色々な意見を受け入れたり、固定概念に捕らわれずフレキシブルに行動できると思います。

また、ブランドに関わる他業態の方が増えていく中で感謝を忘れず気持ちを伝える事や、どうしたらINellaの仕事を楽しいと思ってもらえるかを考え、日々クリエイティブに励んでいます。

ブランド自体をデザイン出来、自身で描いたイメージを具現化しながら、多くの人に発信できるチャンスがあるのでとてもやりがいを感じます。

新たなる挑戦

2018年にTOKYO BASEに入社しSTUDIOUSのオリジナル商品の企画を行ってきました。当社に入社する前も2社で企画職を務めており、ディレクターとしてブランドに携わるINellaは私にとって新たなる挑戦でした。

ブランド運営が決定してまもなく一度目の緊急事態宣言が出され、タイミング的に不安はありました。しかし、新しい事にチャレンジして自分自身もブランドを通して成長したいと強く感じましたし、世の中が大変な時だからこそ人々にアパレルで活力を見出してほしい!という想いも相まって不安よりも挑戦したい気持ちの方が強かったです。

TOKYO BASEは同世代のスタッフが多く、直ぐに意見交換ができたり相談できる環境なので周りのスタッフのサポートも大きく影響し、前向きにブランディングが出来ました。

TOKYO BASEには自身のステップアップのために入社を決意したので、こういったチャンスを頂けてうれしく思います。

今後のVISION

INellaがより多くのお客様に喜ばれるブランドになるよう、大切に育てて行きたいと思います。その為にはお客様のニーズをただ拾うだけではなく、背景にある潜在的な購買意欲に響く、魅力的なブランディングを行っていきます。現在ではショップを持たないECブランドではありますが、ブランドイメージを体現出来るようなINellaの旗艦店をOPENさせることも目標です。

OTHER ARTICLES

Contact Us

当社はサービス・品質の向上の為、
皆様からのご意見を積極的に
受け付けさせて頂いております。
ご質問・ご意見・ご要望等ございましたら
こちらよりお問い合わせください。