裁量の大きさがやりがいに比例する

  • RECRUIT

  • 裁量の大きさがやりがいに比例する

SCROLL

アパレル未経験から店長・スターセールス獲得をしている鈴木にインタビューしました。 店長が一番売る、TOKYOBASEの店長像を体現している彼女の仕事のスタンスとは ――

Ayu Suzuki

Ayu Suzuki
STUDIOUS WOMENS 大阪店店長 鈴木愛祐 契約社員として京都店に入社。正社員昇格後、同店舗店長に就任。現在は大型店舗のルクア大阪店の店長を務める。

お店の顧客様からスタッフに

幼少期から服が好きで、学生時代からアパレルに興味はあったものの、その頃の私は調理の道にも興味があったので専門学校に通うことを決めて、前職はホテルで働いてました。

その頃からSTUDIOUSで買い物をしていて、アパレルに転職しようか迷ってる旨の相談を仲良くしていただいてたスタッフにした時に、TOKYO BASE受けてみたら?と紹介していただき、年功序列のホテルとは違い、結果主義のTOKYO BASEに惹かれたので、そのまま面接を受けることを決めました!

TOKYOBASEで店長をするやりがい

入社して約1年半で店長に昇格し、今はルクア大阪の店長を務めています。
店長になり自分の数字、店舗の数字に責任を持つことはもちろんなんですが、一緒に働くスタッフが目標達成したり、昇格したり、自分と働くことで成長したって感じる時はすごく嬉しいし、やりがいを1番感じます。

また、商品部の協力あってではありますが、別注などの商品を企画してお客様に届けられたり、自分の発信次第で色んなことに挑戦させてもらえる環境であることもであるTOKYOBASEで店長をやっていて楽しいポイントです。

店長が一番結果を出して背中を見せる

今は大阪店にいますが、スターセールスを取った半期のうち4ヶ月は京都店にいました。
店長としてまず京都で売上を取るためにはと考えた時に、今までと同じことをしていたら圧倒的な売上は取れないので、京都のお客様はどんなブランドが好きなのか、どこを重要視するのかを考え、買い物してる人を見るために系統問わず周りのアパレルショップに休みの日に行ったりもしてました!

毎月色んなブランドを入れてみて、トライアンドエラーを繰り返すと同時に自分も色んなブランドを着て好きになって、それをお客様に伝えて、顧客様を増やすことができました。

私を頼ってくださる顧客様との時間が1番楽しいと思う時間なので、その時間を1分でも多く作ることで自然と数字を取ることにもつながってました。

大型店である大阪店に異動してからは、スタッフ数が京都よりも増えるので、まだ課題ではありますが、効率とスケジュール管理、目標に向けての事前準備を意識して毎日時間を使うようにしてます!

座右の銘は初志貫徹

結果主義のTOKYO BASEにいる以上、フルコミットで頑張らないともったいないと思っています。入社して2年半経ちますが、毎日後悔しないようにサボらず、全力で過ごすと決めてます。

それに伴って、自分が行動を起こしたら自分よりも視座の高い方にも会いに行けるし、なんでもできる会社なので、これからも色々なことに挑戦していきたいです。
まずは今関西での経験しかないので、都内でも店長を経験したいです。
どこまでやれるのか、次に見つかる自分の課題は何なのか。さらに自分を成長させていきます。

OTHER ARTICLES

Contact Us

当社はサービス・品質の向上の為、
皆様からのご意見を積極的に
受け付けさせて頂いております。
ご質問・ご意見・ご要望等ございましたら
こちらよりお問い合わせください。